2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様

2019年1月18日 (金)

昨日の夕焼け

_20190117_233800

暖かいと感じる一日。
県北は雪が少ないようで、今週末は山の予定がないとか。
ある人はあって、無い人は無いと言うことだろう
毎週予定が入り、まだ、一度も雪山に入っていない。
あの銀世界が徐々に遠くなるのは 寂しいので
ちょっとだけ力をいれたい。

2019年1月16日 (水)

怒塚山

Dsc_6570
山歩きができていないので トレーニング
短時間ではあるが 仕方がない

Dsc_6580 冬山の楽しみは 落ち葉を踏みしめて歩くこと
そして 樹皮
山桜 かなり大きい木だ

Dsc_6584


常緑樹 なんだろうな??
林立して なかなかかっこいい 

Dsc_6595
名前が分からなくて残念

まとまって 上へ上へ伸びている様が生命感を感じる
いいねー
これも常緑樹

Dsc_6597 本当に素敵で 惚れ惚れ~~~

Dsc_6601 小石の上に 命が宿ります

2019年1月13日 (日)

Cocolog_oekaki_2019_01_13_23_43

山に行けてないので 話題がない。

テレビで誰だったか忘れたのだが 
すでに一月なのに
真冬並みの寒さ・・・とコメントしていた。
気象予報士だったかな?

今って 真冬じゃないんかい!
と違和感を覚えた。
11月ならわかるけど。

ネットで検索して見ると 同じような事を書いている記事があった。

真冬とはいつか、から始まって 地域によって違うとか

様々な感想が書かれている。

日本語って 本当に難しくて奥が深いねぇ
この歳になっても 知らないことだらけ。


2019年1月 3日 (木)

元号

平成の元号も4月末まで。
新しい元号はどんな意味合いの 
何と言うものになるのだろう。

平成の時 しっくりこなかったのは
昭和があまりにも 長かったから。

昭和生まれの自分にとって 
なじみ深い元号だったからかな。

いつの頃からか カレンダーには元号が入っていなくて
とても不便に感じることがある。

西暦は分かりやすくていいのだけれど
せっかくなので 来年から新元号も
カレンダーに入れていただきたい。

来年も健康で、安穏な毎日が送れますように。Cocolog_oekaki_2019_01_03_22_13

2018年12月30日 (日)

11月23,24日大杉谷

良く寝ていたので 記憶にないのだが 大杉谷駐車場までは大変な道だったようだ。
1台しか通れないような道をガンガン飛ばしていたように思う。

黒部の廊下のようだと言う話に とても楽しみにしていた。
Dsc_6232

歩き始めてすぐに 岩を削った歩道。

Dsc_6235
こんな吊り橋が 次々と登場する
つり橋を渡るのは楽しい。

Dsc_6245
最後尾を歩く 1本道なので落ちたり転倒しない限り
到着する予定

Dsc_6253
ニコニコ滝としし岩
休憩には最適の場所

Dsc_6274 七ツ釜

Dsc_6293
水がとても美しいが これではちょっと分かりにくい

Dsc_6306
粟谷小屋 今期限りで(実は明日で)管理人さんは不在となるそうだ
今 募集中だそうで 小屋の存続を願いたい。

アットホームな気持ちのいい小屋で 風呂もある。
近くでは 熊野出没が確認されている。
滝の遠景を見ておいでと 鈴を手渡された。

下は次の日 下山の模様

Dsc_6332
途中 大規模な崩落現場
気持ちが悪いが これ以上の崩落はないだろう

Dsc_6338

水がきれいだったので 一枚アップ
もっといい写真なかったかなぁ?

Dsc_6347
足の指が痛くて 勧められた形成外科に行った。
指の間のタコ
きついふだん履きのシューズ
我慢してはいていたのが良くなかった。

足の裏もトラブルがあり 只今 治療中。
近所の皮膚科で 診てもらったことがあるが治らず
もっと早く 違う病院にかかればよかった。

2018年12月29日 (土)

あと2日

大杉谷の記録も書かない内に 2018年が終わってしまいそう。
更新頻度をなるべく増やしたいけれど
思うようにならず。

もし 時間があれば 明日か明後日には更新したいと思う

2018年11月18日 (日)

雪彦山 正面ルート11月3日

mihさん、o君 4人で岡山6時出発
春以来の正面
トレーニングができていないので 思ったようには登れない。
日が陰るのが早く お昼前には太陽が山の陰に入ってしまった。
そうなると 冷え込んで来る

1ピッチ目 左に移動する場面から アブミを出した。
以降 アブミ頼り。
3ピッチ目は最初からアブミ使用だが 思うように登れない。
腕はだるくなるし 体は重いし
減量をしなきゃ。

正面の後 右カンテ
1ピッチと3ピッチ目リード
腕で体を支えるのが 辛かった。
2日ほど 筋肉痛

紅葉は真っ盛りで 眺めが良いDsc_6109 リード頑張ったね
Dsc_6111 眺めはいいが寒い↑
下 右カンテ
これより2ピッチ目
Dsc_6114 忙しくて 記録も滞りがち

2018年11月17日 (土)

岡山県立森林公園 11月7日

紅葉が見たくなり、タンポポさんと森林公園へ。
家を7時に出発。鏡野町を過ぎる辺りから、紅葉が。
園内、平日のせいか、人が少ない上に
紅葉はすでに終わっていた。
熊押し出し滝の水と木の葉の対比が美しい。

園から国道までも、山が燃えているDsc_6092


2018年11月13日 (火)

御在所岳 前尾根クライミング 2018年10月3日

御在所岳に行くと言うので 無理を言って仲間に入れてもらった。
5人という奇数人数。
岡山を夜9時出発
2時前に駐車場到着。仮眠をして 藤内小屋から前尾根を目指す。

食料はもちろん テントも自前なので重く感じた。

前回リーダーが来たのは 随分前
入口が分かりにくかったらしいが

結局 藤内壁クライミングの看板から入る

7Pから登り始める。Horibさんと三人で組む。
花崗岩でできているので フリクションが良い。
明るくて 開放的。お天気も気温もまずまず。

初めてなので 新鮮でとても楽しい。と言う事は さほど難度は高くないと言う事だろう。Dsc_5982
写真は 藤内小屋

小屋から上 
Dsc_5983
藤内壁出会いから 左へ 
Dsc_5987
上の右側が前尾根
Dsc_5989
御在所は全般的にカムが必要。
カムが無いと登れない。普段 カムの必要性が無いので 種類も少ないし持っている数も限られている。
みんなのを合わせて ヤグラは間にあった感じ。
Dsc_5988Dsc_6000 登ることに一生懸命で 写真が無い

ヤグラ 最後が狭くて 立つのを躊躇したが
面白い岩だった。

この日 テントに帰り 各自夕食。
カレーとレトルトのご飯
ご飯はパックから出して 少量の水に入れて炊く方が良いと教わったので これからもそうしよう。
日曜日はゲレンデで遊ぶ予定が 朝4時前から雨音が。
結局 本ぶりとなり撤収することとなった。

帰りは甲賀「みくらや」でかつカレーうどん
お疲れさまでした。

2018年10月31日 (水)

南アフリカ ピーランズパーク国立公園

ヨハネスブルグに到着
空から見ると こんな感じ
Pa150139 ヨハネスブルグは アパルトヘイトが終わって 失業者があふれ 
治安が世界最悪レベルまで落ち込んだそうな。
サッカーワールドカップの前あたりまで ゴーストタウン化されていたと言う。
混乱の時期だったのね。
朝食は機内食なので 降りるとすぐにバスでサファリへ移動

途中 車窓から見える景色
南アフリカは希少金属が多く産出されていると言う
発掘に携わっている人たちが住んでいる建物と聞いた。
Dsc_5710 パラボラアンテナが付いている

Dsc_5713アフリカへ来たと実感できる。
後は何もない低木が生える地域を走る
今は乾季なので 雨期になると青々とするのかな?
Dsc_5718
公園入り口
入ってから写真に写した
暑い!!

Dsc_5720
クルーガー国立公園やチョベ国立公園と比較すると かなり狭い
神戸市と同じくらいの面積だそうだ

Dsc_5737
まず現れたのは インパラ キリン 象 鹿のようなクードウー?
サイ、カバを喜んだのは私くらい
池田動物園にはいない。Dsc_5736
 キリンも象も群れになっている。.Dsc_5726 象が車の前後を 通過した直後
ちょっと怖かった。
Dsc_5739 こんな車で サファリのガイドさんが 少々荒い運転で走りまわってくれる。
動物を追いかけて 未舗装のでこぼこ道を走り 気分が悪くなった人がいたと言う
どう言うわけか私は全く平気だった。
Dsc_5752_2
食事はなかなか豪快 肉も果物 野菜も大ぶりだった。
それは 飛行機に乗るまで同じようだった。
日本のような繊細さや 見て楽しむなんて無いのだろう
バイキングなんて 大きなスペアリブがゴロゴロ
鳥肉料理もででんと盛り付けてある。
何でも大きいのは アフリカが広いから~♪かな?

«南アフリカ旅行 10月14日~20日