2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様

2017年8月19日 (土)

山乗渓谷沢登り 8月17日

お盆が明けて 沢に行った。
山乗渓谷は近いし、そう難度も高くないので嬉しい沢だ。

と 思っていたら 巻かずにシャワークライムで登って行けば
かなり難しく、ロープを出していただいた。

若いメンバーはしょっぱなから泳ぐ、浴びる 水を楽しんでいる。
巻道はそれなりにすぐわかるし どちらを選んでも楽しい沢登りだ。

P8174163 最初の平坦な所はカットし 池の上から入渓
おぉ、滝だ!
P8174168 泳ぐことを全く苦にしない。私とはえらい違いだ。
次回からは泳いで楽しむことも念頭に入れて それなりの装備をしていこう。

P8174171
全て巻道がある。ここは(↑)私はパス。確保をしてくれているが 巻いた。。

下、到底登れそうにないと思ったけれど 巻道から見ると手掛かりがありそうに見えたので チャレンジ。
案外スムースに登れた。
(確保あり)
P8174185 実はここもパスしようと思っていたのだが 巻道を上がると橋との交差が見え ここで登っておかなきゃ後がない。
終わりだなと言う事で登った次第。
で、登った後、プール状の水に飛び込み泳ぐ羽目に^^;

下は道路に続く小滝

P8174191
橋から道路を歩き ショートカット。いいとこ取りで楽しませていただいた。
P8174196 別パーティ、ガイドさんと一緒に歩いていた二人 沢装備と言う事ではなく 巻いて登る 簡易スタイルで歩かれていた。沢靴ではなくてびっくり。

歩き方次第で初心者や子供から 本格的な沢登りまで楽しめる 貴重な沢だと実感。

ご一緒してくださったみなさん 大変お世話になりました。

また行きたいと思います。



2017年8月 7日 (月)

8月5日 鷲ノ巣と花火大会

土曜日 みなさんどうされるのかなと思っていたところへ 鷲ノ巣のお誘いがあった。
駐車場6時 と言う事は家を五時に出なきゃいけない。
前夜 ジュラシック ワールドを見たので 寝たのが随分遅くなった
眠い~~(´;ω;`)ウウ・・・

しかし、先輩のやる気は満々点 Sdsc_3033
数を登ろうと提案があり トラバース鷲ノ巣、奥の壁の直登右から 直登斜め とアブミ西南 何とお昼までに8本~~~
Sdsc_3036
和気までの道のり お天気は悪かった。が、徐々に回復。
暑いやら 疲れるやら へろへろでございます。
おかげで帰り 冷たい飲み物をいっぱい買っちゃった。

気を取り直し 夜の花火大会 自転車踏んで行ってきた。
京橋からの眺めは最高だ。見られて良かったなぁ
元気で都合のつく間は 毎年行きたい。 
Sdsc_3050写真を撮るのって難しい。

Dsc_3051

北岳バットレス そのⅡ

昨日はお天気もまずまずで もしかしたら登攀できるのではと期待を持って就寝。
しかし 2時起床とするも雨が降りやまず テントの中で待機する。

明るくなっても雨のせいで 他県のパーティも断念したらしい。
我々ももう登攀は無理と言う事で 取り付きの下見に行くことにした。
P7294072
7時40分 二股 ここは雪渓が登山道に横たわる。
雪渓の右に登山道がありぐんぐん登って行くと 下のc沢
このすぐ左の尾根筋を登って行く。踏み跡あり
P7294074##

P7294075 ##

P7294078 木の間をかいくぐりながら進むとお花畑に飛び出した。
バットレスの下部岩壁が現れる。
ガスって見えず残念。
とりあえず近くまで行って見る。

P7294084
頭に入れていた写真とぴったり合う。
第五尾根支稜とDガリー大滝が目の前に。
雪渓が多く残っているので まっすぐ詰めて左に渡ることになりそうだが 確認だけ。

P7294086 しばらく眺め、それぞれにバットレスへの想いを胸に、山頂へと向かう。

八本歯のコルへの階段が長く 登っても登ってもまだか・・・

山頂で雨にあったものの 大勢の人でほっとした。

肩の小屋から 厳しい下山路。

食事もおいしくいただけて良かった。

夜は雨が降り続き 4時起床。

テントを畳むまで 雨模様だったが 途中から登って来る人みなさん カッパを着ていなくて 降っていないことに気づかされる。

雨降ってないんだ~みたいな。

事故も無く無事帰宅でき ありがとうございました。

宿題は残ったものの 有意義な北岳だった。

2017年7月31日 (月)

北岳バットレス その一

27日夜9時頃岡山出発。
雨の予報なので なかなか踏ん切りの付かなかったメンバーだったが 情熱をもったF田さんに引っ張られた形で 下見山行でもと言う事に。

28日戸台から入り仙流荘でバスに乗り換え。人数がそろい次第臨時便発車。
北沢峠で乗り継ぎ 広河原へ。到着9時10分だった?

西側から入るので 時間がかかる。

今回は
アルパインクライミングを愛するメンバーのならづもんさん、F田さん、Oom君mikiちゃんの5人。
今日は珍しく視界良好のようで 北岳が姿をみせてくれた。
白根御池までは樹林帯の急登だ

P7284036
白根御池11時過ぎ
軽く胃に入れて 下見に出る。


P7284052 二股トイレ この分岐を登って行く。
自分はここから少し上部まで歩き 無理をせずテン場に戻ることにした。


北岳は花の宝庫

P7284047

タカネグンナイフウロとミヤマハナシノブの群生があちこちで見られた
下はミヤマハナシノブ


P7284044
P7294062
シカの食害で花の数が減っているらしい。
一部 ネットで保護されているところは 花の絨毯だった。

P7294118
八本歯のコルで咲いていた。キタダケソウやで~ってうっそ~~
ウソでした。

イブキジャコウソウ

P7294095h
夜はベーコンと玉ねぎの炒め物。
そしてキャベツ、豚  ピーマン、 葱の回鍋肉でした。


2017年7月23日 (日)

鷲ノ巣

いよいよ最後の仕上げ、鷲ノ巣だった。
なんと朝五時に家を出る。
眠いやらだるいやら、
そうこうしているうちに調子が出てきた。
福daさんと西南、鷲ノ巣、トラバース、鷲ノ巣、直登右、みきちゃんと直登から左へ。
調子が出てきたが、空腹を覚えて終了。

バットレスに行きたい
無事故で完登できますように。

2017年7月17日 (月)

17日鷲ノ巣

昨日は体力温存に努めて おとなしくしていた。
それも今日のため。
しかし
昨夕のバーベキューのせいか 朝目覚めると胃の調子が悪い。

岩は止めると連絡したが 徐々に回復

意を決して和気へ向かう。

30分遅れて着いたら すでに二人はトラバースと鷲ノ巣ルートを登っていた。
西南から寄せてもらい、へろへろしながら登る。
なんだかシャンとしない。

曇っていたものの 蒸し暑い

Dsc_2903
なんとか岩に親しめて良かった。
帰って汗を流したら 気持ち良くなって寝てしまった。Dsc_2899
お疲れさまでした。

沢に行きたい~~

鷲ノ巣7月15日

この日はまだ元気があった。
頑張るぞ!
駐車場7時 F田さんと二人。

快晴の元 トラバースから鷲ノ巣。
西南、西南カンテ~懸垂してトラバース
鷲ノ巣。

暑いわ~~

からっとした暑さ。

腕のカバー 右を忘れて左だけしていたら
右腕が暑いし 真っ黒。
水分補給をしていたので ばてることはなかったけれど
人が見たら 異常行動だと思う。

Snoさん Mwakさんも参加。
お元気じゃなぁDsc_2886
















2017年7月13日 (木)

マンホール 庭瀬

_20170710_154205

お出掛けした先々で目にするマンホール。それぞれの地域の特色が蓋に刻されている。

良く訪れる 庭瀬のマンホール

撫川うちわと大賀はす

良く見ると 団扇の絵柄が4種類

2017年7月 9日 (日)

鷲ノ巣トレ

O君が6時半には行くと言うので 寄せてもらうことにした。
早朝のドライブは 気持ちがいい。

U君三人でトラバース 西南 トラバース 鷲ノ巣 直登右
U君が用事で帰ると言うことで みんな一緒に下山

なんせ暑い。
こんな季節の岩トレはどうにかなりそうだ。

でも目的があるので
少しでも練習できて よかった。

写真は無い

2017年7月 3日 (月)

鷲ノ巣

昨日は瀬場谷 今日は鷲ノ巣に登ってきた。
朝 7時過ぎの渋滞があんなにひどいものだとは。

もう少し早く出なきゃ。

朝目覚めると体がだるくて 気合を入れて向かう。

トラバース 鷲ノ巣 西南 西南西側
暑くてあ~つくて!
4本で終了

帰りにコーラを飲み 帰って水分がぶ飲み、
暑い だるい うとうと
やっとコーヒー飲みながら パソコン叩いています。

すごい筋肉痛です~ 良く頑張りました^^

Sp7033950

 下はびしょびしょだったけれど 岩は完ぺきに乾いていた。

Sp7033952

«愛媛県 瀬場谷遡行