2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様

2017年4月19日 (水)

4月19日 星山

お久しぶりの星山。
何年振りだろう。
介護をしていた時 短時間でこの山に登って 開放感を味わっていた。
遠い昔のように思える。

今回は桜がまだ見られ、スミレが足元にたくさん咲いていた。

静かな山歩きが好きだけど クマ出没注意だって。
ビジターセンターで作業をされていた方にお聞きすると
見たことはないけど 熊の鈴を付けて作業してほしいと言われたと。

ちょっとびびってしまい スマホで音楽を鳴らしながら
うるさい山行となった。
山桜 神庭の滝近く

Dsc_2432
山頂から大山方面 木が茂りあまり見えない。

Dsc_2435
イチリンソウ

Dsc_2433

2017年4月15日 (土)

丸亀城 桜

丸亀城 桜の花は風に散らされて舞っていた。
今年は4月に入り開花した所が多かったので
長く楽しめたように思う。

おまけに 夜桜のお花見も寒くなかった。

桜と城は仲良し
切っても切れぬ仲ですね。
丸亀城は江戸時代に再建 築城400年を超えているそう。
美しい石垣と現存のお城 
登城するためには 急な坂を息切らして登る。

Dsc_2410

趣があっていいね。岡山城はコンクリート、えらい違い
大切に後世に残して行きましょう。

Dsc_2412

お天気が良くて最高の一日
Dsc_2411

大野の山桜 2017年4月10日

教えていただいて行ってきた。
狭い道路、若いころはものともしなかったのに
今では どうぞ 対向車が来ませんように・・・

遅い時間(15時)だったので 帰る頃は人がいなくなっていた。Dsc_2397

岩畳神社と荒平山城跡

国道180号を通るたび 気になっていた豪渓秦橋先の大岩。
大野の山桜を紹介され ここを通ると言う事でチャンス!
車を止め 城山に登って行く。

ここは荒平山城跡。
きれいに整備された登山道を快適に登って行く。

途中 休憩舎があり展望も良い。
城山は標高191M。

Dsc_2384

総社方面 木が伐採されて見晴らしがよい。

Dsc_2391

時間があれば正木山から大野地区 鍵山へ縦走もいいだろうと思う。

岩畳神社の御神体 磐座(いわくら)
危険の看板があるDsc_2394
 柵も何もないので、先には進まない

やっと正体解明し、大満足。
次回は正木山まで縦走しよう

2017年4月 5日 (水)

鷲ノ巣

今年初の鷲ノ巣。暑くも無く寒くも無く いい塩梅~

体の動きは今一つだったけれど 
みきちゃんに午前中4本リードお願いして
午後からアブミルートと鷲ノ巣ルートをリード。

アブミの最後がなかなか届かなくて 往生した。
慣れると見えるのだけど まだ今年初なもので。

ストレスも解消できたし やっぱりクライミングはいいなぁ

難しすぎないところは楽しい♪

2017年4月 3日 (月)

枝垂れ桜 石山公園

ウォーキングでの出会い。
こんな所に枝垂れ桜があったっけ?

日曜日と言う事もあって 大勢の人が写真に収めていた。
後楽園の中にも枝垂れ桜がある。

Dsc_2278o

曹源寺の桜も気になる。

そう言えば 岡山いこいの村にも。
忙しいなぁ

2017年3月27日 (月)

天狗山(日生)

急に思い立ち 天狗山へ向かった。
以前から天狗山、観音寺山辺りを登ってみたかった。
今日は予定が無いので、実行に移せた。

天狗山の標高も良く調べずに、登山口のあるお寺に11時半到着。
神社の本殿 左手側から登って行く。
Dsc_2261
すでに何人かの登山者が、入っているようだ。
会話を交わした二人の方は 準備をしているうちに登って行かれた。

登山道脇にミツバツツジが美しいピンクの花を咲かせていた。
もうこんな季節になったんだね。

Dsc_2263
思いのほか急登だ。汗を流しながら登って行く。
しばらくすると 展望が開けてきた。

眺めを楽しんだり スケッチしたり。
こんなちょっとした岩場もあって 楽しい。

Dsc_2270
下から標識らしいものが見えたので 山頂か?
楽勝~~
と思ったら 何とあと1,2キロだって。え~~~

Dsc_2272

しばらくして山頂か!
と思ったら なんと 小天狗~~
小天狗の先に見えるあれだ!
まだ ずいぶんありそう^^;

Dsc_2273

舐めていました。

麓ではつつじが満開だったのに 6合目以上はまだ蕾。

着いた山頂からの眺め。
1時間程だったが ずいぶんかかったような・・・・気のせい
Dsc_2277
昼食を済ませ 下山されたみなさんの後を追う
中峰~西峰~三つ池~中池 ~下池~そして渓谷の登山道へ。

ここでも 甘く見ていた。
渓谷はなかなかアドベンチャーなルートで 
一人で薄暗い夕方だったら、ちょっとごめんだなぁ

あの明るい登りと比べ 木々で薄暗く岩あり沢あり、

かなり変化に富んでいる。
ちょっと分かりにくいところもあったしね。
Dsc_2285

きょろきょろ木や花、景色を見ながら下山。
駐車場に着いたら 時々一緒になった方が
遅いから、捜索願いを出そうかと思ったって^^;

下山はいつも遅いんです。
時間ルート、問題無ければ、せっかくのいい景色ゆっくり見たいので。
気にかけてくださって ありがとうございます♪

2017年3月20日 (月)

2017年3月18日八ヶ岳 赤岳主綾

17日の夜8時 岡山出発。
美濃戸までの凍結した道を、安全運転で我々を運んでくれた。

駐車場から行者小屋までが とても長く感じる。
ストックを使用の方が多かった 。

P3183735
以前来た時より 雪の量がぐっと少なく黒々としている。
身支度して小屋を出発
文三郎尾根と赤岳主綾分岐10:18
一応ザイルを出す。目指すはチョックストーンのある岩。左手岩に残地スリングあり。

P3183737
ここを乗り越えるのがまずは核心部
P3183740
今回は雪が少なく クライミングシューズならガンガン登れそうな所が多かった。
アイゼンとは相性が悪い。夜走りで寝不足 体が思うように動かず 必死に登る。

P3183743
↑二ピッチ目の確保地点。ザイルが止まっている間に写す。

P3183746
↑12:38
雪の上はアイゼンが良く効いてサクサク登れる。

↓13:06
P3183750

14:30山頂到着
山頂からの景色を楽しむ。

P3183759
南アルプスが美しい

P3183761u
のんびり景色を堪能している間にも 三人はどんどん下山
ずいぶん下ったところで頭痛が始まった。
高山病の前兆で これはまずい。

そんなわけで美味しい夕食は手を付けることができず 早々に寝床に着いたのだった・・・

次の日 通常は治るものだけど今回は尾を引いてしまい このまま下山となる。
みなさん 本当にすみません。

でも、初めての赤岳主綾登攀できて、大満足です。

2017年3月16日 (木)

3月12日 大山弥山西綾

毎週のように雪山。
今回は女性二人 ちょっと冒険か?

M邸4時半出発。
駐車場は7時過ぎていた。
元谷8:18
沢を登っている人が見える

Dsc_2180_2

今回は初リードのため写真が無い。

11位半には稜線に出た。

途中1度 ランナーの受け渡し。
お天気も良く雪のコンディションが良かったので 縦走する
何年ぶりだろう。最高だ。

Dsc_2185
下山で相変わらずのドジ。山に笑いがこだましたんと違うかな?
砂すべりは雪が腐って 尻セードも難しいくらいだった。
13:10下降に入り 奥の院15:00
温泉に入って帰宅
充実した一日だった。

3月4日 大山弥山東綾

私たちの会では 滝沢リッジと呼んでいたのだが 弥山東綾らしい。
3人で岡山4時出発。遅れないようにとのこと。

Dsc_2103
元谷 7時20分
雪が少ない。
下は取り付き ここで準備をして右に回り込み左手壁に取り付く。8時35分
氷の壁でバイルを持て来なかったことを後悔した。
ブッシュだらけ。

Dsc_2107

途中 写真撮れず。
狭い雪の釣り尾根状態を過ぎると あとは稜線まで一気。

Dsc_2118_2                   12時45分

厳しい登攀を終わり 稜線に続く尾根に出た。14時15分
休憩をとり いざ!

Dsc_2122
やっと稜線に到着
お世話になりました

14時半
Dsc_2131

«2月25日寒風山