2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様

2019年3月 3日 (日)

3月2日 大山弥山尾根西稜

二度目の雪山 
仲間は随分前に登攀したが ブッシュが多かったと言う。

家を4時45分発

駐車料金は1000円
登山届を出しいざゆかん。
大神山神社奥宮まで 雪が無い
本当に珍しいことだ。
Dsc_6960 元谷から見える北壁Dsc_6963 デブリがあちこちに見られたが もう雪崩れる雪もない
取り付き10時
ブッシュが目立つが しっかり締まった雪があるので アイゼンが良く効く
Dsc_6967
この日 数組のパーティが登っていた。すぐ前にも一組いたがコンテだったのだろう
あっという間に見えなくなった。
取り付きで単独の男性とも 会話を交わしたが
彼も影も形もない

Dsc_6970 別山を登っている人がいたと相方は言うが 自分には見えなかった
黒々とした別山 時折石が音を立てて落ちて行く

50mザイルをいっぱい伸ばす
Dsc_6975 階段状態と言えば階段だわね
Dsc_6977
セカンドは付いて行くだけなのに しんどい

Dsc_6978 いつも休憩する 最後のポイント
Dsc_6994 暖かいので 人がいっぱいだ
Dsc_6998 下山 木道が見えている
下山は足が痛くて 涙。
なんとかならないかなぁ 痛いと歩けないのだ

理由 きつい登りの後 下山すると痛くなり
山頂で1泊すると全然違う

でも 今季も登れたので大満足だ 万歳!!

2月24日(土) 烏ヶ山

この冬初の雪山は 烏ヶ山。
お誘いがあったので 喜んで参加させてもらった。
今年はどう言うわけだか 山に行けない。

高速に乗り 駐車場に着くまでわりあいお天気も良く
期待に胸ふくらませるが なんと尾根に取り付いたとたん
くもゆきが怪しくなり とうとう嵐の状態に。
すごい地吹雪 ゴーゴーと鳴り響き しばらく食事タイムと休憩
しばらくすると 徐々に青空も見えるようになり
なんと視界良好
雪もなんとか北峰まで ついているではないか。
アイゼンも良く効き 山頂アタック
ブッシュをかき分け登る
Cid__5lnzcf3zlnzzytia4fag_

楽しい雪山山行となった
10

2019年2月 3日 (日)

天空の鳥居

観音寺の稲積山にある高屋神社
天空の鳥居として有名

急に思い立ち 友人と車を走らせた
観音寺はもちろん お寺も有明浜の海浜植物も有名だ

この天空の鳥居は最近 知ったわけで
ぜひとも行って見たかったところ

Dsc_6710
ここに車を止め 高屋神社下宮の裏から登ります
およそ 1時間ほど
Dsc_6713
あちゃー なんとすごい石段
Dsc_6719

神社本宮 男の神様

Dsc_6726
写真を横に撮れば良かった

Dsc_6734 眼下には銭形も望める

1月27日 和気アルプスオフ会

掲示板最後のオフ会を提案され 和気アルプスへ
姫路3人と二号さん 岡山5人

思いがけない積雪があり 雪景色も楽しめた
熊山 西側 吉井川沿い

Dsc_6687
登山道入ってすぐ

Dsc_6688 そして 白岩様

Dsc_6690 チンネ
Dsc_6691 下は山頂
寒くて お弁当どころではない

また時間も早いので 先へ進む

Dsc_6693 尾根に出た辺りで 雪も消え陽だまりのいい場所でお弁当にした

その後はお天気も良く 縦走路は眺望も抜群

本当にいい山だ。

和文字焼の先 観音堂へと降りる道を下山

2時頃温泉に到着

温泉に入り 姫路グループとお茶をして解散

わいわい 楽しい山歩きだった

2019年1月25日 (金)

香住でカニ

子供が結婚するまでは 香住へ何度かカニを食べに行ったものだが
今ではすっかりご無沙汰だった

孫が大きくなったので 今年は行こう。

運転は私  本当に長く感じた
運転は好きだけど 歳には勝てないと実感^^;

家を7時半に出て 民宿 松乃屋さん12時前到着
新しい自動車専用道路が開通し 便利にはなったのだが
初めてなので 乗り降りが分からない。

なんとか到着
カニすき カニさし 焼きガニ 雑炊 
コーヒーと甘くておいしいリンゴ
お土産に カニ飯をいただく

料金 一人税抜き11000円
カニ三昧だ。

食べきれない。

帰りは 山陰近畿自動車道に乗り鳥取へ
とても便利になった が 新しい道路は トンネルばかり。

鳥取自動車道に乗り 智頭インターで降りればよかったのに
調べていなかったせいで 作用平福インターで降りる
作用から国道373号~国道二号~備前に出た。

時間的には変わらないようだが 
初めての道路で 疲れること この上なし。

2時に出て 帰宅したのが6時
いつも もうカニは要らないと思うのに
また次の年 行きたくなるんだよねー

2019年1月18日 (金)

昨日の夕焼け

_20190117_233800

暖かいと感じる一日。
県北は雪が少ないようで、今週末は山の予定がないとか。
ある人はあって、無い人は無いと言うことだろう
毎週予定が入り、まだ、一度も雪山に入っていない。
あの銀世界が徐々に遠くなるのは 寂しいので
ちょっとだけ力をいれたい。

2019年1月16日 (水)

怒塚山

Dsc_6570
山歩きができていないので トレーニング
短時間ではあるが 仕方がない

Dsc_6580 冬山の楽しみは 落ち葉を踏みしめて歩くこと
そして 樹皮
山桜 かなり大きい木だ

Dsc_6584


常緑樹 なんだろうな??
林立して なかなかかっこいい 

Dsc_6595
名前が分からなくて残念

まとまって 上へ上へ伸びている様が生命感を感じる
いいねー
これも常緑樹

Dsc_6597 本当に素敵で 惚れ惚れ~~~

Dsc_6601 小石の上に 命が宿ります

2018年12月30日 (日)

11月23,24日大杉谷

良く寝ていたので 記憶にないのだが 大杉谷駐車場までは大変な道だったようだ。
1台しか通れないような道をガンガン飛ばしていたように思う。

黒部の廊下のようだと言う話に とても楽しみにしていた。
Dsc_6232

歩き始めてすぐに 岩を削った歩道。

Dsc_6235
こんな吊り橋が 次々と登場する
つり橋を渡るのは楽しい。

Dsc_6245
最後尾を歩く 1本道なので落ちたり転倒しない限り
到着する予定

Dsc_6253
ニコニコ滝としし岩
休憩には最適の場所

Dsc_6274 七ツ釜

Dsc_6293
水がとても美しいが これではちょっと分かりにくい

Dsc_6306
粟谷小屋 今期限りで(実は明日で)管理人さんは不在となるそうだ
今 募集中だそうで 小屋の存続を願いたい。

アットホームな気持ちのいい小屋で 風呂もある。
近くでは 熊野出没が確認されている。
滝の遠景を見ておいでと 鈴を手渡された。

下は次の日 下山の模様

Dsc_6332
途中 大規模な崩落現場
気持ちが悪いが これ以上の崩落はないだろう

Dsc_6338

水がきれいだったので 一枚アップ
もっといい写真なかったかなぁ?

Dsc_6347
足の指が痛くて 勧められた形成外科に行った。
指の間のタコ
きついふだん履きのシューズ
我慢してはいていたのが良くなかった。

足の裏もトラブルがあり 只今 治療中。
近所の皮膚科で 診てもらったことがあるが治らず
もっと早く 違う病院にかかればよかった。

2018年12月29日 (土)

あと2日

大杉谷の記録も書かない内に 2018年が終わってしまいそう。
更新頻度をなるべく増やしたいけれど
思うようにならず。

もし 時間があれば 明日か明後日には更新したいと思う

2018年11月18日 (日)

雪彦山 正面ルート11月3日

mihさん、o君 4人で岡山6時出発
春以来の正面
トレーニングができていないので 思ったようには登れない。
日が陰るのが早く お昼前には太陽が山の陰に入ってしまった。
そうなると 冷え込んで来る

1ピッチ目 左に移動する場面から アブミを出した。
以降 アブミ頼り。
3ピッチ目は最初からアブミ使用だが 思うように登れない。
腕はだるくなるし 体は重いし
減量をしなきゃ。

正面の後 右カンテ
1ピッチと3ピッチ目リード
腕で体を支えるのが 辛かった。
2日ほど 筋肉痛

紅葉は真っ盛りで 眺めが良いDsc_6109 リード頑張ったね
Dsc_6111 眺めはいいが寒い↑
下 右カンテ
これより2ピッチ目
Dsc_6114 忙しくて 記録も滞りがち

«岡山県立森林公園 11月7日