2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月26日 (土)

11月25日 大山

冠雪した大山に登ろう
3合目以上から6合目辺りまで 融けた雪が凍ってつるつる
6合目以上のほうが歩きやすかった。
お天気悪く 視界は無かったのですが 久々の大山 楽しかったです。

今日は目覚めも良く ストレスが軽減されたような・・・
絵手紙もがんばらなくては!
最近 しなくてはと言う 強迫観念で ストレス症候群でした。
絵手紙を減らせばいいのですが 思うようになりません。
自分で 何でも抱え込む癖を直さなくてはね。

山に登るって 自分と向き合う事が出来て 本当に癒しになるような気がします。
誰かと行くのもいいのですが 単独もいいですね。
sDSC07523登山口
sDSC07528
sDSC07533
sDSC07535
sDSC07543

2005年11月23日 (水)

遊歩道

遊歩道は もう紅葉もおしまいかな?

足が重くて最近走っていませんでした。
でも
たったの1ヶ月ですけど 走った成果はあったように思います。
必ずトレーニングの効果は在る!
登りでも以前ほど苦しくないし 息も上がらない
そんな風に思うのですが いかがでしょ?

写真は いつも歩いたり走ったりする遊歩道です。
sP1000005

2005年11月21日 (月)

雪山スタート 11月19日 烏ヶ山

18日 鏡ヶ成にて前泊
朝目覚めると みぞれが降っていた。
烏は厚いガスの中

8時半スタート 
すでに登山口辺りの道路も 雪が積もっている
sP1008
携帯画像なので イマイチかな!
稜線に出る辺りから 急登になり ピッケルもストックも 
オーバー手袋も.無い事を悔やんだ。
冷たく 引き返したいなと思ったとき 相棒がオーバー手袋を貸してくれた。
やっと 元気回復

稜線は笹や潅木が まだ完全に雪の下になっていないため とても歩きにくい。
sP1014

崩落した所もあり 緊張するが何とか山頂に立てた。
霧氷 樹氷も最高~♪
sP1027

やはり雪山はいいなぁ~~~
いっくぞ~~~

仙酔島

絵手紙クラブから福山へ旅行に行く
まず 日本はきもの博物館、日本郷土玩具博物館により じっくり見てスケッチ
たくさんの履物の展示に混じって 大田祥子さんの登山靴が展示されていた。
国内でトレーニングに使用されていたものらしい。
sDSC07507
sDSC07506

午後から仙酔島に行き 人生感が変わる宿 ここからにて 江戸風呂に入る
まず 海草の干した物を敷いた穴蔵で 寝てサウナ状態
次が37度の胎内風呂 これがなかなか気持ちいい
次 又洞窟サウナだが 今度はヨモギを乾燥させて敷き詰めてある。これもいい気持ち
次は世界一大きな露天風呂 な、なんとーーーー海だった!
冷たいけど 入っちゃいました(^^;
わぁ~~ 死にそうなんていいながら ここに入ると体にいいなんていわれると
まして 他の人たちが入っているのを見るとねぇ
最後が琵琶の葉風呂(サウナ)です。
なかなか貴重な経験をしました。
sDSC07509


帝釈峡 11月9日

広島の帝釈峡に行く
途中 吹屋のふるさと村に寄り スケッチ
ベンガラの町並みが美しい
Pim0001
ふるさと村からは細い県道をひた走り 一部紅葉も
sDSC07487
帝釈峡は下の部分一部見ただけ
雄橋がいいそうで見逃した事が残念だ。

sDSC07491帝釈峡の紅葉

2005年11月 2日 (水)

秋から冬へ

毎日のように 槍ヶ岳ライブを見ています。
ほんの少し前まで 雪はなかったのですが
今日は快晴ながらも 積雪がありました。

午前と午後の二回あるようです。
夏はほとんど変化がなかったのですが
これからは どんどん変化していくことでしょう。

岡山の県北 蒜山も 紅葉真っ盛りと
TVで放送されていました。

あ~~ぁ どこか行きたいな~~

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »