2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様

« 鳥取大山1月15日 | トップページ | 2006年1月29日 滝山~毛無山 »

2006年1月21日 (土)

飛騨の牙

最近 小説らしい物を読んだことがなかったのだが 峰隆一郎の「飛騨の牙」を図書館で借りて呼んだ。
峰隆一郎って 初めて聞くのだが 著書が多い。
現代サスペンスも沢山在る。

時代物が面白そうと言うことで 適当に選んでみたけれど 珍しく一気に読んでしまった。

なんと言うか 殺人鬼ですが そこにはそれなりの信念を持って 人を切っているわけです。
が 何とまぁ その描写のすごいこと。
読んでいて、気持ちが悪くなりそう。

そう言った事は別にして 興味深いのは木刀の修行、つまり剣道と実践は違う。
いくら剣道で上級者になっても 実際 人を切るという事になると虚の技術では全く役に立たない。

勝つか負けるかの世界と 生きるか死ぬかとの違い。
木刀稽古で人は切れないと言う事
2~3年は習っても あとは自分で磨かなければならない

ふむふむ 本当に納得した次第で。。

しかし著者は 小説を書くために いったいどれくらの資料に 目を通したのだろうと思ってしまう。
すごい
そしてどんな内容であろうと 人を引き込む文章が書けるってことはすばらしい。

文章書くのって 苦手なんだなぁ


 


« 鳥取大山1月15日 | トップページ | 2006年1月29日 滝山~毛無山 »

図書」カテゴリの記事

コメント

峰隆一郎を読まれましたか!
彼の人斬りの描写はすごいですね。
一気に読破してスッキリするんです。

私の「土方歳三」を読みました。

土方歳三」はあったか無かったか憶えていませんが
今度見てみます。
でも 借りるかどうかは わかんないですよ~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨の牙:

« 鳥取大山1月15日 | トップページ | 2006年1月29日 滝山~毛無山 »