2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様

« 鷲の巣 | トップページ | 600年のヤブ椿 »

2010年3月30日 (火)

九州への旅

青春18きっぷを消化するため 元気を出して九州へぶらり旅です。

小倉で宿泊し、太宰府へ。

太宰府は歴史的にも重要な役割を果たしている土地なのですが

行くまで ピンとこなかった。

まずは国立博物館で最新の設備による歴史探訪。

大型の状態のいい埴輪には驚きです。

すぐそばの大野城跡地に、レンタサイクルで押しながら登った・・・。

急な坂 しんどくて汗が出ましたね。。およそ1時間。

山をやって無かったら、こんなことやらないよね

Sp3260009

上の写真が大野城跡、朝鮮式の山城で、山頂一帯が史跡になっている。

時間がないので 近くの礎石群を見ただけ

下山は自転車をこがなくても 10分と言うハイスピードで到着。

寒さで涙は流れるし、手はかじかむし。。

Sp3270023 こちらは熊本城。銀杏の大木があるため別名 銀杏城とも言う。

Sp3270021

熊本ではぜひ食したかった、馬刺しを堪能、

ホテル代金と同じくらい、夕食にお金を費やした。

九州は桜が満開、丁度週末だったので、お城も花見の人でいっぱいです。

みなさん お酒も入って賑やかでしたね。

いよいよ島原に到着。

Sp3270042

島原はキリシタンの多かった所でもあり、また弾圧のひどかったところ、そして天草四郎の島原の乱があったところ。天守閣、閉館間近かで人もいない。。Sp3270035

それぞれの歴史にまつわる、貴重な資料を興味深く見ているうち、すっかり日が暮れてしまった。

お城のすぐ近くでいただいた「具雑煮」は美味だったなぁ。

何でも、天草四郎が戦いの際、農民たちが山の幸など持ち寄った食材を煮込んで力を付けた!?だったかな?

この島原、史料館で見たのですが、踏み絵をしても拷問をしてもキリシタンは信仰を捨てなかった。

そこで棄教のために、雲仙地獄へロープを付け逆さづりにして、投げ入れる拷問をしたそうです。

温泉の熱湯をかけたり、まさに地獄のような光景がそこにはあったのですが、信仰の力は強く、それでも平然と神をたたえていた・・・誰だったか失念したのですが、いや人間とは残酷にもなれるし、信仰があれば強くもなれるし

自分は軟弱なので すぐに棄教してしまいます。きっぱり!

どこの土地へ行っても歴史あり、お国言葉に出会えるのも楽しみの一つです。

可笑しかったのは諫早から湯江行きの電車、調べもせずに何とかなるだろうと飛び乗ったはいいのだが、湯江に着くころ乗り換えの案内がない。

降りて確認すると、まだ9時半なのに14時まで鳥栖行きがない~~~

仕方ないから、来た電車で再び諫早まで帰り、特急かもめ14号に乗車した。

博多から佐賀とか熊本は便利がいいのですが 長崎方面は特急に乗らざるを得ないようになっているみたいです。

Sp3280044

福岡城跡は桜が満開だ。桜の下ではお花見の宴が催されています

普賢岳に登るために合羽、登山靴、ウェアも準備して行ったのに、疲れて予定変更。

またいつか、九州の山にも登りたいね。

もう十分とばかり 新幹線利用で家路につきました。

« 鷲の巣 | トップページ | 600年のヤブ椿 »

山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鷲の巣 | トップページ | 600年のヤブ椿 »