2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様

« 夜明け | トップページ | 大山 弥山東稜 »

2011年2月14日 (月)

大山 別山

土曜日 早朝大山に向けて走った。意外にも、道路にはさほど積雪は無く、元谷への道も、ラッセルもなく歩くことが出来た。

別山 Uさんと組んで、初めてつるべで登る。

1ピッチ目 以外と厳しい。今回は手袋などの装備もばっちり。

こんなにいいお天気で 晴れ間も覗いた朝。P2120008

2ピッチ目、途中ランナーがとれる木が2か所あった。

下を見るとUさんの姿が確認できた。P2120009 

4ピッチ目、岩稜帯今までになくドキドキ。

ランナーを取る場所が無い・・・・と思ったら 岩のところにあったそうで 注意を受ける。

終了点 新しいピンが打たれていて、その下には赤いスリングがあった。

先行パーティが、雪をどんどん落として行く。ここは泥付き。

Uさん 先行パーティとは違った右側から岩を登っていくが、これは恐い。

リードの部分で無くて良かった。

抜けるといつも軽く食事を取る所、積雪量が多くて、木もわずかしか覗いていない。

ゆっくり休まず吊尾根に向かう。吊尾根の確保地点は、雪のせいで何も確認できず。 

後は降りて稜線を歩くのだが、後半トレースが全く無くなっていて、ザイルを目標にしながら登った。

視界がない夏山登山道だったが、出たときはホッ。

頂上台地は激しいブリザードで、低気圧が大暴れ状態。

無事、下山できたことに感謝です。リーダーと仲間に。

« 夜明け | トップページ | 大山 弥山東稜 »

雪山」カテゴリの記事

コメント

頂上台地は壮絶だったと今日、Uさんに聞きました。
貴重な体験に興味津々です。またお話聞かせてください。

吉備の中山さん 
Uさんに聞かれたんですね。
パニックもなく平常心でしたよ。
あとでネットで勉強して もっとこうするべきだったんだと 
とても.勉強になりました。
お会いした時 聞いてくださいね^^

こんにちは~。厳しいルートを楽しまれていますね。
羨ましいです。
今年は一度も雪上を踏んでおりません。
雪山に行くことも無く終わりそうです。

愛媛マラソンの練習を開始したとたん、
半月板断裂にて、年明け早々入院、手術をして
今やっと、リハビリの為にジム通いをしています。
痛い病気?災害?でした。
まだ、階段が登れなくて、山道はたとえ城山でも許可がでません。
春くらいからボチボチってところかな?

いつまでも、若くない筋肉と体力、しかも増え続ける体重、
充分体力と相談しながら、
長~く山歩きをと考えるように成りました。

かりんさん、いつまでも挑戦的な雪山、クライミング、
頑張ってくださいね。
楽しみにしています。

でんでんさん お久しぶりです~
コメント頂けなかったので 何かあったのかなと思っていました。
災難でしたね。
早く回復されることをお祈りしています。

膝 雪山で 雪に足を取られて 膝をひねったりすると 私も後で痛くなります。
走ることも もう していません。
年齢とともに 行動も変わってきますね。

先日の大山で過酷な体験をして 腰と首と膝も痛くて^^;
でも 雪山には登りたい私なんですよ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜明け | トップページ | 大山 弥山東稜 »