« 下蒜山 | トップページ | 鋸岳~甲斐駒ヶ岳 その2 »

2013年7月16日 (火)

鋸岳~甲斐駒ヶ岳縦走 その1

12日夕方7時 家を出発。

 

山陽インターから高速に乗る。戸台口駐車場3時頃到着。

 

仮眠し5時出発。角兵衛沢案内板辺りからの 渡渉7時40分頃

 

川の水が微妙に多く 靴を脱いで素足で渡渉。

 

膝くらいまで浸かった。転倒しないように気をつけるが、まるで氷水のよう。

 

たった数メートルの川幅なのに とても長く感じた。

 

Sp7130088
ここからは急な角兵衛沢を登っていく。樹林帯は歩きやすく 大岩下の岩小屋で水を補給。

 

Sp7130093


ちょろちょろ 糸を引くような水を補給する。

 

これがあるから 助かるので この水場が無ければ

 

渡渉地点から 重い水を担ぎあげなければならない。

 

その後 重くなったザックを背負って、急で長~~いがれ場を登っていく。

 

Sp7130098

やっとの思いで着いた角兵衛沢ノ頭から 第一高点はすぐ、13:15 ペースが落ちる

 

見晴らしがいい。.

 

第一高点から第二高点までの厳しいこと。

 

そして ルートが難しい。2度経験者のKさんのおかげで 迷わず先に進めたわけで、本当に厳しかった。

 

 Sp7130105


小ギャップを懸垂下降するMちゃん。ザックが重いことと、逆層なので反対コースだと登れるのかしらん。

 

Sp7130107鹿ノ窓に着いた時は 嬉しかった。が、ここからが大変~~

 

鎖は付いているものの、落石がひどくて 一人ずつ降りていく。

 

30メートル近くまで降り、草付きの登山道でかわして待つ。Sp7130109_2


上の画像 縦のラインを降下したわけ。第二高点側へルンゼを渡るわけだが、ルートが分かりにくかった。遅れながら第二高点下まで登っていくと 仲間は休憩して待っていてくれた。

 

第二高点の山頂には 剣が立っているらしいが 疲れて見に行く元気はなかった。

 

中ノ川乗越までの下りも ひどいガレ場で、ずるずる滑る、落石ありで時間がかかる。

 

やっとの思いで中ノ川乗越到着。ここでテント設営。

 

夜走りのせいもあり、疲労で食事が取れず、水だけ飲んで就寝。

 

足が伸ばせず Mちゃんの顔を蹴ったそうです。ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 下蒜山 | トップページ | 鋸岳~甲斐駒ヶ岳 その2 »

信州の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下蒜山 | トップページ | 鋸岳~甲斐駒ヶ岳 その2 »

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様