« 鋸岳~甲斐駒ヶ岳縦走 その1 | トップページ | 2013年7月ユートピア »

2013年7月19日 (金)

鋸岳~甲斐駒ヶ岳 その2

中ノ川乗越の丁度いいスペースでテントを張り、ぐっすり睡眠をとる。

 

おかげで朝は、元気が戻ってきた。朝食もしっかり摂れ、いざっ!

 

甲斐駒ヶ岳へ~

 

下の写真はテント撤収後 4:30

 

Sp7140113
甲斐駒への道のりは 稜線歩き

 

Sp7140116


わぉ~~ 稜線歩きって気持ちいい! 昨日の厳しさが 嘘のようだよ♪

 

Sp7140124


気を良くして ずんずん進みます。

 

Sp7140127


石室に付きました。6:30 いいペースではありませんか。

 

中は床張りになっていて とてもきれいでした。

 

途中からガスが出てきて、ちょっと寒い。

 

カッパを着てしのぐが 大したことはありません。

 

山頂到着 8:50 大勢の人が見えて 山頂に付いたと知る。

 

Sp7140131

 

今まで 人と会うことが少なかったので まるで銀座じゃなぁ~

 

若い人も多く 年齢層の幅を感じる。

 

我々は 高齢者の部類でしょう。

 

写真を撮るなど 山頂を楽しんだ後、摩利支天を左手に見ながら下山。

 

巨大な岩山だったね>甲斐駒ヶ岳

 

双子山ルートを下山。

 

それまで 人が多く すれ違うのに待つ場面が多々あったが 双子山ルートは下山に使われるらしく 快調に そして単調に下って行った。

 

この調子なら 早く着くぞ~って 思ったけれど 結局12時半。

 

臨時便に乗車し 仙流荘まで行くことになる。

 

途中 戸台大橋で下してもらえるが 補助席まで満員で結局 終点まで乗り越してしまった。

 

温泉は高遠の温泉浴場「さくらの湯」でした。

 

それまで雨には合わなかったのに 入湯してから土砂降りの雨だ。

 

本当にラッキーだね。

 

一日目のしんどかったこと 二度と行かないと思ったのに 早忘れかけている。

 

でも行くとしたら 違う所へ行きたいな。

 

行っていないところはいっぱいあるしね、鋸岳は もうもう大満足しました。

 

良く頑張りました>.自分

 

そして お世話になりました。 

 

ずっと彼方からこの沢を歩いて来て 右の鋸岳に登った。後で見ると すごい~~と思ってしまう。

 

Sp7140141

 

 

« 鋸岳~甲斐駒ヶ岳縦走 その1 | トップページ | 2013年7月ユートピア »

信州の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鋸岳~甲斐駒ヶ岳縦走 その1 | トップページ | 2013年7月ユートピア »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様