2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月10日 (日)

鷲ノ巣

今年2回目のクライミングでした。
3日の日から1週間。
今日はちょっぴり冷えましたが 1月とは思えないクライミング日和でした。
P1101839
いつもと違って 男性通し、女性通しで組み、
午前中はトラバース、鷲ノ巣。
Mさんと組み、西南の左のゴジラの背?
あと、直登、凹角 昼食
午後から直登の右、
凹角の左を登攀

リードは2本

直登と凹角はなかなか登るチャンスが無いので
今日はありがたい一日でした。
凹角 もう少し頑張れば リードできないかなぁ

2016年1月 6日 (水)

2015年12月20日 大山

大山で雪山準備山行が行われた。
会山行。
19日 2台で岡山を出発するも 蒜山辺りで雨。
しばらく様子を見て 時間をつぶす。

大山のPに車を置き、一の沢に向けて歩く。
約1時間。道路はうっすらと積雪あり。

一の沢から 林道を歩くが結構長い。
この林道は崩落現場まで続く。

いざ 樹林帯に突入。
急な登山道を登っていく。
ブッシュをかき分けながら やっと開けた場所に出た。
ここからたけのこ岩を右手側に見ながら、ぐんぐん高度を稼いでいく。

日本海側からの寒風は遮られ 案外暖かいが
一部腰までの吹き溜まりがあった。
手袋が濡れて 新しいのに変えればよかった。
オーバー手袋も持っていたのに。

頂上台地に到着。
日本海側からの冷たい風に震える。

ガスって小屋が確認できず ただひたすら上へと登っていくと
突然左手側に小屋が現れた。

小屋の中は1階が満員。
二階で休むことに。
夜は満点の星、日曜日はウソのようなお天気となり
日の出を楽しんだ。
と 記録を書いておこう。
Sdsc_0452Sdsc_0454a

2014年11月22日 燕岳

すっかり怠けてしまったので 思い出しながらの記録。
筋トレをしているとはいえ まだまだだと思ったが せっかくのお誘い
思い切って 燕岳に参加させていただいた。
夜走りが苦手で 寝られない。

土曜日 三大急登といわれる 登山道を喘ぎながら休みながら 
なんとか テント場まで頑張った。
冬山装備だったので 重いのなんのって。
雪が無かったので まだ良かったかもしれないが
冬用の登山靴もしんどかった。

とうちゃこした燕岳からの眺めは最高
Sdsc_0413
しばらく景観を楽しんだ。
Sdsc_0419 夜はすき焼きだったが 睡眠不足で 食事の時間にちょっとアルコールに口を付けただけでとたん 高山病発生し食事がのどを通らず。
残念だった。

日曜日22日はまったり歩き。
山頂を踏めず引き返す。
全然懲りが無い。
テン場に帰ると 早速下山の用意。
明日はお天気が崩れるとのことで テントをたたむ。
後はコテージを借りて 宴会。
日曜日帰岡。

九州の久住と 燕岳に参加させていただいたので
それなりに 心構えと気力体力もついたように思う。
ありがたいことです。

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »