2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様

« 3月2日 大山弥山尾根西稜 | トップページ | 5月11日 大山 健康の森より地獄谷 振子沢~ 大山宝珠尾根 »

2019年6月 3日 (月)

奥大日岳 2019年5月2日

Dsc_7635

1日夕方4時 山陽インター出発 12時頃立山駅に到着した。

ケーブル乗り場に一番近い所へ駐車

 しかしすでに車が多く なかなか空いていない。 

朝から雨 切符売り場に行くと すでに長蛇の列。すごい!

直通のバスに乗車。

お天気が悪く 登れそうにないとのことで 雪の大谷を見る

以前は見たくてたまらなかったのに 関心が無くなっていた。それより山だ~~

Dsc_7637_1

お天気が回復してきた。気持ちがはやる

大勢の観光客が 雪山の眺望を楽しんでいる

Dsc_7640

ヒュッテ 今晩泊る所

Dsc_7647_1

明日 源次郎尾根に登る仲間が 雷鳥坂に取り付いた

後で聞くと 大変厳しかったようだ。

Dsc_7642

登山者が次々と 雷鳥沢から目的地へと列をなす

Dsc_7651_1

奥大日岳は初めて 簡単な山だと思っていた。気持ちは完全にハイキングだ

雷鳥沢からトラバースしながら 稜線へと登って行く

稜線に出ると 剣岳が眼前に見え隠れ

すぐに登れると思っていたので 完全にのんびりムードだった。

Dsc_7653_1

甘かった!

3つくらいピークを越えて 東京から来たと言う男女と話をする

あの向こうが頂上だと スキーヤーが言ってた と教えてくれた

想定外だ。

ここからはトレースなし 急斜面 雪は腐ってグサグサ 時間ももうお昼になっている

とにかく行ける所まで行こう。

風は無かったが 途中1ヶ所 下から猛烈に吹き上げる場所があり

細心の注意を払う

頂上へ続く尾根に着いたが 雪の状態と時間の関係で

断念した。

そこからまだ随分距離がある。

早々に安全なところへ下りて行く

お気楽に考えていたけれど やはり北アルプスは大きかった。

4時前に小屋に到着。前日横になって寝たので 

食欲もあり ビールも美味しくいただけたのは嬉しい。Dsc_7675

相部屋を希望していたら 女性と男性が別々で 丁度いい大きさの部屋に相生の方と一緒になった。

連れは広ーい男性部屋で一人 ネズミにひかれなくて良かったね^^

3日7時から朝食 無事下山となる

 

バスで美女平に向かう途中 すでに奥大日岳まで登っている人が見えて

なんだか悔しかったなぁ

写真 丁度中央辺りの突起部分 右端からはかなり距離がある

Dsc_7684

まぁ、無事に帰岡でき 途中で魚津の展も見られたし いい休日でした。

ココログ 画像が入れやすくなって 便利になりました^^

« 3月2日 大山弥山尾根西稜 | トップページ | 5月11日 大山 健康の森より地獄谷 振子沢~ 大山宝珠尾根 »

雪山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月2日 大山弥山尾根西稜 | トップページ | 5月11日 大山 健康の森より地獄谷 振子沢~ 大山宝珠尾根 »