2024年2月15日 (木)

筋肉痛

大山弥山尾根を登って4日経った。

登っている終盤 膝周りの筋肉痛の予感必至。

久し振りの筋肉痛

肩は痛いしさすがに最強レベルの運動量だったんだね

再度トライしたいなぁ

失敗しないと成長できないなんて ちょっと悲しいけれど

たぶん次は上手くやれると思う。

完全にお客様気分、だめじゃん。やることやらなきゃ

 

P2129711

2019年3月 3日 (日)

3月2日 大山弥山尾根西稜

二度目の雪山 
仲間は随分前に登攀したが ブッシュが多かったと言う。

 

家を4時45分発

 

駐車料金は1000円
登山届を出しいざゆかん。
大神山神社奥宮まで 雪が無い
本当に珍しいことだ。
Dsc_6960

 

 

元谷から見える北壁Dsc_6963

 

 

デブリがあちこちに見られたが もう雪崩れる雪もない
取り付き10時
ブッシュが目立つが しっかり締まった雪があるので アイゼンが良く効く
Dsc_6967

 

 


この日 数組のパーティが登っていた。すぐ前にも一組いたがコンテだったのだろう
あっという間に見えなくなった。
取り付きで単独の男性とも 会話を交わしたが
彼も影も形もない

 

Dsc_6970

 

 

別山を登っている人がいたと相方は言うが 自分には見えなかった
黒々とした別山 時折石が音を立てて落ちて行く

 

50mザイルをいっぱい伸ばす
Dsc_6975

 

 

階段状態と言えば階段だわね
Dsc_6977
セカンドは付いて行くだけなのに しんどい

 

Dsc_6978

 

 

いつも休憩する 最後のポイント
Dsc_6994

 

 

暖かいので 人がいっぱいだ
Dsc_6998

 

 

下山 木道が見えている
下山は足が痛くて 涙。
なんとかならないかなぁ 痛いと歩けないのだ

 

理由 きつい登りの後 下山すると痛くなり
山頂で1泊すると全然違う

 

でも 今季も登れたので大満足だ 万歳!!

2018年5月23日 (水)

2018年2月24日 大山 別山

長く ブログを休みました。
やはり記録を残すためには 書いておきたいのと
ブログは カテゴリー別になっているので 分かりやすい。
2月の別山 超久しぶり
安定して登れた

 

28058836_1446919728770317_240058889

 

 

雪は少なめ
28279253_1446931602102463_304662327

 

 

釣り尾根から下りて 切れ落ちていて 
四つん這いで通った

2017年3月16日 (木)

3月12日 大山弥山西綾

毎週のように雪山。
今回は女性二人 ちょっと冒険か?

 

M邸4時半出発。
駐車場は7時過ぎていた。
元谷8:18
沢を登っている人が見える

 

Dsc_2180_2

 

 

 

今回は初リードのため写真が無い。

 

11位半には稜線に出た。

 

途中1度 ランナーの受け渡し。
お天気も良く雪のコンディションが良かったので 縦走する
何年ぶりだろう。最高だ。

 

Dsc_2185

 

 


下山で相変わらずのドジ。山に笑いがこだましたんと違うかな?
砂すべりは雪が腐って 尻セードも難しいくらいだった。
13:10下降に入り 奥の院15:00
温泉に入って帰宅
充実した一日だった。

3月4日 大山弥山東綾

私たちの会では 滝沢リッジと呼んでいたのだが 弥山東綾らしい。
3人で岡山4時出発。遅れないようにとのこと。

 

Dsc_2103

 

 


元谷 7時20分
雪が少ない。
下は取り付き ここで準備をして右に回り込み左手壁に取り付く。8時35分
氷の壁でバイルを持て来なかったことを後悔した。
ブッシュだらけ。

 

Dsc_2107

 

 

 

途中 写真撮れず。
狭い雪の釣り尾根状態を過ぎると あとは稜線まで一気。

 

Dsc_2118_2

 

 

                  12時45分

 

厳しい登攀を終わり 稜線に続く尾根に出た。14時15分
休憩をとり いざ!

 

Dsc_2122

 

 


やっと稜線に到着
お世話になりました

 

14時半
Dsc_2131

 

 

2017年2月 5日 (日)

4日大山 弥山西綾登攀

今年に入って毎週雪山に入っている。
今回は大山弥山登攀と言う事で しんどいのを覚悟したが
思ったほどでもなかった。

 

たぶん 昔と違ってラッセルが無かったからだろう。

 

家を5:05出発 奥の院8:30 取り付き10:20 山頂13:00
P2043551
除雪され、歩きやすい。

 

P2043557

 

 


取り付きまでただ歩く
雪は締まっているし なだれる心配はなさそう

 

P2043558

 

 


50Mいっぱい伸ばコンテで登る。先行パーティに追いついた。
他のパーティはスタカットで登っている。

P2043561

 

 

 

なかなか進まない。動きが遅いと思ったら 相方の足がつったそう

 

Dsc_1923_2  太陽が顔を出し、まぶしくなったと同時に暖かくなった

 

山頂には大勢の登山者
こんな穏やかな晴天は稀だもんね
二週続けて お天気に恵まれ ラッキーだった。

 

Dsc_1934

 

 

2016年3月26日 (土)

2月28日 大山弥山尾根登攀

何年かぶりの大山弥山尾根。
雪の状態が悪いと聞いていたのだが
階段状態で登りやすかった。
先行者が数パーティいて 時間がかかる。
途中 リーダー思い切りよく 抜いてくれた。
Sp2282011

 

 

とても歩きやすい
Sp2282017

 

 

われわれは5人
Sp2282026

 

 

暖かくて 待ち時間も寒くて震えることはなかった

2011年2月26日 (土)

大山 弥山東稜

4時40分 岡山市内を出発しました。

 

南光河原の駐車場7時 出発。

 

今日は快晴の予報で 期待に胸ふくらませ 弥山東稜にアタックです。

 

P2260018 前回より ぐっと雪の量が少なく 地肌が見えている。

 

私たちのルートは すでにM師匠、Kさん Mさんがとりついていた。

 

今まで このルートを登ったことは 2回ほどあったかな?ほとんど他のパーティを見ることが無かったのだが、今回はとても多く驚き。

 

コンテで始まり、途中2ピッチほど スタカットに。後はコンテで登攀。

 

今回は4名。先発の私の後、後続のO隊長にまるで素人じゃなぁと呆れられるしまつ。

 

今までほとんど付いて行くだけの登攀、やはり こんなんじゃいけんね。

 

少しずつ 変わりたいきっかけを作ってくださって ありがとうございます。

 

P2260020 Kさん Mさん最後の登攀。

 

いつもと違い、弥山尾根に合流。

 

我々はここから直登、ブッシュが出ていて ランナーは取りやすかったようだが 登りにくかった。3組とも最終ピッチは 別々のルートを登る。

 

P2260021 今日は最高のお天気で もう今までの不発な気分が吹っ飛んだ。

 

雪は一部、ピッケルの効かないところもあったが 登りやすいコンディションだったと思う。

 

縦走 このところご無沙汰だったので、幸せ~~な気分で楽しんだ。

 

が、最後尾だったので ザイルワークを注意される。

 

タイトに張りなさい!

 

最悪が砂滑りで 雪がグサグサ状態、思い切り壺足で 歩く度、落ちると言う感じ。

 

汗ダラダラ、膝は痛くなるし、最悪だったなぁ。

 

それにしても 充実感に浸れる、最高の登攀でした。

 

最後 遅れたけれど、文句なしに私は楽しかった。

 

下山後の温泉は 岸本でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年2月 7日 (日)

大山 別山尾根

土曜日の夕方はテントで宴会。

 

朝4時半ころ起床、朝食。元谷小屋まで1時間弱で入れた。

 

今日は別山尾根と言うことで 期待に胸がわくわく~

 

今季初めての、北壁登攀です。

 

 

 

取り付きまで、さほど苦労もなく快適に歩くことができました。

 

Sp2070157 北壁と言うことで 確保している間は冷えてくる。

 

下界が良く見える~絶景だ

 

 

 

Sp2070155

 

多くの人が壁に取り付いていた。(上)

 

Sp2070158 確保中に写真を撮るので いつも同じような写真。.上を向いている。

 

 

 

下の写真。別山尾根ピークまでの最終ピッチ。

 

ここで休憩をとり、軽く口に入れる。今回は雪が少なかったので、トラバースが緊張。

 

休んでいた私の上から(別山山頂) 頭ほどの石が落ちてきた。

 

先行パーティは落としたことに気付かなかったとのこと。

 

当たれば大変なことになっていたと、Uさんの言葉。こうしてアップ出来て無いでしょうね。

 

Sp2070160

 

下、別山のピークからは、クライムダウンの出だしが緊張します。

 

でも写真に撮ると いいなぁと思えるところ

 

Sp2070168_2

 

 

 

Sp2070169_4 恐怖を感じるような高所だが、平然と立っている自分。不思議です。

 

 

 

 

 

 

 

上の2枚 重ねると丁度一枚の写真になります。確保している方は同じ人。

 

今回、雪の状態も良く、素晴らしい眺望に感動しまくりでした。

 

反省 靴ひもはしっかり締めましょう。

 

 

2009年2月16日 (月)

大山 8合尾根。

土曜日の夜は満点の星。

 

天気予報では日曜日は午後から曇ってくるらしい。

 

それでは早々に登ってしまおうと言うことになり、5時前に起床。

 

暗いうちから小屋を出て、8合尾根に取り付いた。

 

のっぺりした尾根を登っていき、途中でアイゼンを付ける。

 

遠くからみると 緩やかな斜面なのに、登っていると急に思えるのはなぜだろう?

 

滑っちゃうと下まで一気だなぁ

 

夏道が見えるところまで来ると ホッとする。

 

山頂小屋には入らず、すぐに縦走に移る。

 

P2150216ガスが切れて 小屋の全容が見え、眼下には米子の街も見えてきた。P2150217 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P2150221 いいお天気になりました。晴れ女の威力じゃ~ とはだれも言わないけれど。(* ̄ー ̄*)

 

P2150227私的には 本格的な雪山はこれで終わりかな?

 

すっかり満足いたしました。

 

帰りはシャトーおだかで入浴。以前と変わらずシャンプーなど付いて清潔で大きな風呂であるにもかかわらず、300円と言う庶民的な金額で入浴できました。

 

大山の壁登攀は嫌いではないのですが、大きなザックで小屋まで入るのがしんどい

 

それでも通っているうち慣れました。

 

弥山尾根と別山尾根では、別山がちょっと難度が高く変化があって面白い。

 

歩いていて、ずぼずぼ壺足になる雪より、きゅんと凍ったほうがいいですね。

 

前回も今回も暖かく、一番最初に小屋に入ったとき、トイレの中全体が凍ってキラキラ輝いていたのが嘘のようです。

 

これからは春山の花を求めて 少しハイキングをしたいな

 

大山散歩とか(*^-^)

 

 

 

 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様