2013年1月21日 (月)

寒風山 16日

四国の寒風山で 今季初の雪山に登ることが出来ました。

 

吉備の中山さん、みほさんの三人。ならづもの雑記帳 寒風山

 

お天気良し。登山道もちゃんとトレースが付いています。

 

人気の山なので、週に2~3回登ると言う方もいらっしゃった。

 

Sp1160005


上、寒風山トンネル前の駐車場

 

急斜面を登っていくと 途中で高知の山の会の方と合流。

 

吉備の中山さんと話が弾んでいました。

 

それにしても 歩くのが早い。

 

みなさん 私より年配の方たちなのに なんであんなに早いんでしょう。

 

付いて行くのが精いっぱいでした。

 

桑瀬峠Sp1160007


登っていくに従って樹氷がきれいでした。

 

Sp1160014

山頂に着くと 笹ヶ峰方向への登山道はトレースがありません。

 

時間もすっかり遅くなり、伊予富士も駄目ね。

 

Sp1160021下山とともに、徐々に空模様が怪しくなる。

 

下山はアイゼン装着。

 

久しぶりのアイゼンなので ひっかけて転倒し 谷に滑落しないように気をつけます。

 

安全圏に入って気を抜くと、転倒する可能性があるので 最後まで神経を使ってね。

 

久しぶりに雪山を堪能して、楽しかった~。

 

またよろしくお願いいたします。

 

 

2011年5月 9日 (月)

4月30日 石鎚山

ネットの仲間と 石鎚山に登りました。

 

まだ残雪があると言うことで GWの雪山を楽しめそう、

 

P4300137 ロープウェイ8時半出発~成就社9時~八丁9時15分

 

途中何度か休憩をとりながら 試し鎖

 

P4300139 一度も登ったことが無いので チャレンジと思い取り付くと 後続の人たちもぞくぞくと付いてこられた。

 

思ったより厳しいと思ったけれど みなさんはへっちゃら??

 

高速1000円の恩恵と思われるが ほとんど県外、それも遠方の車が多かった。

 

もちろんニの鎖以降は巻き道。

 

しかし登山道が分かりづらく 大勢の人がニの鎖に取り付いていた。

 

あんな怖い所 良く登るな~~と.見る私。 

 

我々は残雪のある巻き道へ

 

Sp4300145

 

Sp4300147 山頂辛うじて12時到着。

 

大勢の人でごった返している。

 

Sp4300146

 

1時間ほど休憩 下山は2時間半でロープウェイに

 

途中、救助活動に遭遇すると言う ハプニング。

 

滑落事故があったそうです。

 

私たちも気を付けて 安全登山を心がけたいものです。

 

お疲れ様でした。

2011年1月22日 (土)

石鎚

岡山6時発、石鎚に出発しましたが 途中道路の凍結も無かったように思います。

 

(寝ていたから 確かではないのですが)

 

8時40分のロープウェイに乗り、快晴の中、西日本の最高峰、石鎚弥山に向かいました。Sp1220069 ロープウエイを降りると 瓶ヶ森がくっきり。

 

途中休憩とアイゼン装着で休み、一気に山頂まで。

 

Sp1220071 山頂12時に写真を撮る。風が強く寒いので 長くはいられない。

 

天狗嶽 もう少し雪があってもいいね。

 

後は滑ったり転んだりしながら?? 2時間かけてロープウェイまで下山しました。

 

以前 山頂ででんでんさんに ぜんざいをいただいたことが思い出され 懐かしかった。

 

お元気にされていますか?

 

いろんな人に助けられ 山を楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

2010年6月13日 (日)

寒風山 5日

登って見たいと思っていた 四国の寒風山、やっと実現しました。

 

霧氷の時期に行ってみたいのですが とりあえずいい時期に♪

 

P6050006 伊予富士、寒風山、の登山口になる旧寒風山トンネル出口 駐車場はほぼ満車

 

 

 

P6050013

 

間もなく桑瀬峠

 

桑瀬峠から寒風山を望む 特異な形 迫力あります

 

P6050010 梯子も何ヶ所か・・・

 

P6050018 山頂からの眺めを楽しみました。時間があれば笹ヶ峰まで縦走もいいのですが もう12時。ゆっくり休んで下山

 

P6050029

 

下山は1時間半ほど 木の香の温泉で汗を流した。

 

 坂出のうどん店を探サティの入り口付近で見っけ おいしいかま揚げをいただきました。(にじさん)

2009年8月15日 (土)

剣山とかずら橋

P8140006

 

 

 

かずら橋を見に行きたいとの希望で 剣山方向へ。

 

剣山の駐車所まで行くのなら こんないいお天気なのだから剣山に登らなくては!

 

リフトだからすぐよ!>私

 

いままでリフト往復したことが無かったのですが 二人で3600円でした。

 

歩いたほうが良かった・・・・そう思ったのは私だけ。

 

西島駅からはリフトよりは長時間歩きます。

 

だまされた~もう絶対山には登らない!>娘のことば。。

 

結局山頂まで行ったのは私だけ。

 

娘はこれ以上は行かないと 売店どまり。

 

P8140008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次郎笈が手招きしてます。いいお天気だ。。

 

かずら橋も結構人が多かった。西祖谷に行くつもりが ナビの登録間違いで東になりました。かずらだけでなく ワイヤーの上に蔓を巻いていましたね。西はどうなんでしょ。

 

P8140022

2009年7月21日 (火)

四国西側ぐるっと

木曜日の夜から松山に向けて出発。秋の旅行の下見と ついでに行きたかったところを一気に回ってしまおうという企画です。

 

金曜日は雨。最悪な出来事にも負けず 一日中松山市内を走り回った。

 

松山城観光、道後温泉にも入湯。土曜日はお天気回復と言うニュースに、以前から一度は行ってみたかった、四国カルストへ向かうことに決定。四国カルストへの国道は、拡張工事が急ピッチで進んでいるものの 狭い所が多く神経を遣う。ただ対向車がほとんどないのが幸いだった。

 

四国カルストに7時半頃到着、濃いガスでほとんど視界が無く寒い。しばらく地図を確認したり時間つぶしをしていると 風と共にどんどんガスが吹き飛ばされていく。

 

あっという間に青空が広がり、素晴らしい景色が目に飛び込んできた。

 

お~~~すごーい!大変だったけれど 来て良かったぁ.。感動感動!

 

P7180058

 

しばらくすると何台か車が止まっているので、居合わせた人に どこに登るのですか?と聞くと(山で人を見ると 登山者だと思ってしまう)写真を撮りにきてるんです。今 ハンカイソウと牛の組み合わせが良いんですよ、との返事が返って来た。

 

P7180060 では私も・・・・と言うわけで撮った写真がこれ。ハンカイソウの群落もあったのだけれど、 あまり関心がないので こんなものかな?

 

国民宿舎天狗荘には登山者らしい人が何組かいて 岡山から来られているご夫婦も。では私も山にも登らなくては・・・・往復1時間程度、天狗の森まで歩く。。P7180066

 

後はひたすら南方向へ。国道439号線は林道と言っても差支えないような 杉木立の中を くねくね延々と走る。

 

 

 

国道の標識があっても、国道とは思えないぞ!国道の標識を確認しながら、ここで何かあっても助けは呼べないし、誰も気がつかないし・・・かなり標高の高いところを走っているようなので、崖側に落ちたら大変なことになる、神経ぱんぱんに張り詰めての運転だった。

 

 

四国の山は深~~~いとしみじみ実感。

 

そして もう二度と同じルートは走りたくない。

 

 

 

 

 

足摺岬を回り、日曜日はクライミングの場としても、観光でも有名な大堂海岸へ。P7190082

 

降りてみたかったけれど どう見ても無理。降りる前に遭難しそうで、上から眺めるだけで満足しよう。

 

 

後はあちこち 気になるところを見ながら 岡山目指して車を走らせた。

 

もっとゆっくりしたかったけれど、効率よく回るのって結構大変ね。

 

温泉で汗を流せたのが、一番良かったかな。

 

 

2009年1月 3日 (土)

田舎の山

あっという間に三が日が過ぎ去ろうとしています。

 

早くお正月が来ればいいのに、と待ち望んでいましたが 来ると早い。

 

昨日は香川へ渡り、両親の顔を見てきました。

 

元気でなによりです。

 

P102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は子供の頃 子供会で初めて登り、次回は小学校5~6年生の時だったか 一人で登った思い出深い山です。

 

勝手におにぎり山と呼んでいた。

 

山頂からは家が豆粒のように小さく見え、はるか彼方には高松市、瀬戸内海が見渡せます。

 

それほど高い山ではないのですが、あの時の感動と景色は今でも脳裏にしっかり焼き付いて忘れられません。

 

 

 

見たこともない光景に出合った時 瞼にしっかり焼きつくんでしょうね。

 

幼い時の思い出も 今だ健在です。

 

 

2007年4月11日 (水)

9日 大麻山

香川県 琴平にある大麻山

 

金毘羅さん 本宮~奥の院~山頂へと通じる登山道がある。

 

山頂で、青春18切符を利用し、広島から来ていると言う男性にお会いした。

 

大麻山山頂 無粋な鉄塔が建ち、桜も蔦や寄生植物に絡まれ瀕死ての状態。

 

桜の手入れをもっとすれば すばらしい公園になりそうですが、予算の関係でしょうか?放ったらかし状態です。

 

登山道はよく整備されて 非常に歩きやすかった。樹林帯も気持ちのいい山でした。Sdsc09117

 

写真は本宮。正面から写真を撮らないよう書かれていた。

 

Sdsc09114奥の院へ通じる階段 下は山頂への登山道 Sdsc09112

 

電車で行く山も いいものですね。

 

 

 

 

2006年7月 9日 (日)

四国 赤石山系 縦走7月1~2日

体力をつけないと 夏のアルプスは無理だなぁ

 

夫も旅行でいないし どこか泊まりで行きたい。しかし Fさんは岩に行くと言う。

 

仕方ないから単独で 四国にでも行くかな?

 

そう思っているところへ 四国の友人からメールを頂き 一緒に赤石縦走をすることにした。

 

以前から厳しいと書かれていた二ッ岳、エビラ山 黒岳の縦走をお願いすると 快諾してくださった。

 

前日 マイントピア別子で車中泊 。6時待ち合わせて 登山口へ。

 

たいした雨でもなく 二つ岳までは登山道もよく整備されていた。 二つ岳あたりから雨になり土砂降り状態。が、途中から瀬戸内海が見えるほど 視界が利くようになった。

 

しかし 登山道は荒れて 藪こぎ状態。西赤石までの苦しさって行ったら・・・・0672akaisi_1

 

山荘に着いたときは ほっとする。早々にテント設営。ブトの大群に襲われながら 食事の用意。横になったときは安堵感でいっぱい。

 

夜の暴風も船上山で経験済みなので あまり気にならないが 雨が気になって寝たり起きたり。

 

次の日 東赤石山頂までは 結構面白いルートを案内してくださった。

 

岩って面白い。

 

長く苦しいコースだったが 終わってみると すぐに忘れてしまうんですね。

 

次の日は体ががたがたで歩くこともままならず 這って移動した。0672akaisi_11

 

すぐに慣れて 歩くことも走ることも出来たが 私にとってはきついコースだったことには間違いない。

 

Iさんご夫妻には いつも本当にお世話になります。ご主人のアドバイス 忘れていませんよ。

 

女は現実派。

 

男性は夢を追い、そして相手にも夢を与えてくれるものだなと つくづく思いました。

 

出来るよ。と言われると 不可能が可能になるような気がします。それにはやはり努力かな?

 

 

 

 

2006年2月27日 (月)

石墨山 (愛媛県)

三寒四温 今日はすこーし寒く感じます。
雪山ももう残雪期に入りそう
庭の梅も 蕾が随分膨らんできました。

 

sISIDUTI8合目の大岩辺り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石墨山は石鎚より西にありますので 
山頂に立つと いつもと違った方向に 石鎚が見みえます。
なんとなく 妙な感じでした

 

霧氷がすばらしく 四国の山も魅力的。
ただ この一山だけでは 四国まで行くのはもったいない気もします。

 

 

 

より以前の記事一覧

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

お地蔵さま

  • P6110063
    一期一会 お地蔵様